高知県公立大学法人規程集

トップページに戻る
最上位 > 第5 高知工科大学 > 第1編 組織・運営 > 第3章 附属図書館・研究所等
高知工科大学総合研究所規程
(設置)
第1条 この規程は、高知工科大学組織規程第7条第4項の規定に基づき、高知工科大学総合研究所(以下「総合研究所」という。)に関し、必要な事項を定める。
(目的)
第2条 総合研究所は、世界最先端の研究開発を推進し、もって学術の発展と人類の福祉に貢献することを目的とする。
(事業)
第3条 総合研究所は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)個別研究プロジェクトの企画立案、推進
(2)研究成果の発信、公開
(3)その他、総合研究所の目的の達成に必要な事業
(組織)
第4条 総合研究所は、研究本部管轄の組織とする。
 ただし、2項及び3項は学長が行う。
2 学長が必要と認めた場合には総合研究所長を任命し、総合研究所に関する学長権限の一部を移譲する。
3 総合研究所には、第3条に規定する事業を行う教員及び研究員並びにその他の職員を置く。
(研究センター)
第5条 個別プロジェクトを推進するため、総合研究所の中に研究センターを配置する。
 ただし、2項から4項は学長が行う。
2 研究センターの新設、組織変更及び廃止
3 研究センター長の任命
4 研究センター長、研究員及びその他の職員の雇用と給与は、外部資金獲得実績及びプロジェクト成果などを勘案して決定
(重点研究室)
第6条 学長は、本学の教員を中心として卓越した研究を推進するグループを、重点研究室として選定し、総合研究所に配置することができる。
2 重点研究室は、研究の進展に応じて、学長の裁量により個別研究センターに昇格させることができる。
(研究スペース)
第7条 教育研究C棟に、総合研究所の個別研究センターの研究スペースを配置する。
2 研究スペースの割り当ては学長裁量とし、割り当てた研究スペースの使用料は無料とする。
3 研究スペース利用の詳細については、別途「プロジェクト型研究室等使用規程」に定める。
(運営)
第8条 個別研究センターの運営は、各センター長の裁量による。
2 大学の承認等を要する運営事項は、センター長が研究本部長の指示を仰ぐものとする。
(報告)
第9条 各センター長は、年度毎に個別研究センターの研究目標や運営経費についての事業計画を策定し、研究本部長の承認を得なければならない。
2 各センター長は、個別研究センターで得られた研究成果等について、中間報告及び最終報告を行い研究本部長の承認を得なければならない。
(運営費及び研究費)
第10条 研究本部長は、学長の承認の下、第9条による事業計画等に基づき、当該年度の総合研究所予算の範囲で、各センターの運営費、研究費を配分することが出来る。
2 大学から配分する運営費、研究費以外の費用は、各センターが独自に外部資金を獲得して支弁する。
(事務局)
第11条 総合研究所の各センターに係る共同研究、外部資金等の契約事務及び成果に関する特許事務等は、研究支援課にて一括管理する。
(雑則)
第12条 この規程に定めるものの他、総合研究所の運営に関し必要な事項は学長が定める。
(改廃)
第13条 この規程の改廃は、教育研究審議会の議を経て行う。
 
附 則
 この規程は、平成11年10月1日から施行する。
附 則
 この規程は、平成15年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は、平成21年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は、平成25年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は、平成27年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は、平成29年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は、平成29年10月1日から施行する。
附 則 
 この規程は、平成31年4月1日から施行する。