高知県公立大学法人規程集

トップページに戻る
最上位 > 第5 高知工科大学 > 第5編 学生支援 > 第2章 表彰・奨学等
高知工科大学大学院博士後期課程給付奨学金規程
(趣旨)
第1条 この規程は高知工科大学(以下「本学」という。)大学院博士後期課程の学生が研究に専念できるよう、年間授業料に相当する給付奨学金(以下「奨学金」という。)を支給し経済的な支援を行うために必要な事項を定めるものとする。
(資格)
第2条 奨学金は、本学大学院博士後期課程の学生で、学業、人物ともに優れ、他の学生の模範となる者として認められる者で、教員とともに研究を行う者に対して支給する。
2 次の各号の一に該当する者に対しては支給しない。
(1)授業料免除を受けている者
(2)他の団体、企業等から授業料が負担されている者
(3)第1号、第2号について、理事長が特に認めた場合は、この限りではない。
(支給の申請手続)
第3条 奨学金の支給を受けようとする者は、次の各号に掲げる書類を各学期末に学長に提出しなければならない。
(1)大学院博士後期課程給付奨学金支給願(別紙様式1)
(2)高知工科大学博士後期課程給付奨学金申請に係る研究報告書(別紙様式2)
(3)その他、理事長が必要と認める書類
(支給の決定)
第4条 奨学金の支給を受ける者は、学長が決定する。
2 支給を決定した者には、その旨通知する。
3 前項の支給期間は1年間とし、博士後期課程への入学時から起算して3年間を上限に申請することができる。
4 前項の期間には休学期間は含まない。ただし、休学期間は支給しない。
(支給の取消し)
第5条 学長は奨学金の支給を受けていた者が、次の各号の一に該当する者と認めた場合は、奨学金の支給を取り消す。
(1)学則第23条第3項の一に該当する者
(2)申請の書類に虚偽の事項を記載した者
(3)休学した者(ただし、やむを得ないと認められる場合は除く。)
(4)退学した者又は除籍となった者
(5)その他支給の取消しが適当と認められる事由が生じた者
2 第1項第1、2号の一に該当する者として奨学金の支給を取り消された場合は、当該年度に支給された奨学金を別に定める期日までに返納しなければならない。
(その他)
第6条 この規程の施行に関し必要な事項は、別に定める。
 
附 則
 この規程は、平成21年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は、平成22年4月1日から施行する。
附 則
1 見直しにより、公立大学法人高知工科大学大学院博士後期課程給付奨学金規程は高知工科大学大学院博士後期課程給付奨学金規程に名称変更する。
2 この規程は、平成24年4月1日から施行する。