高知県公立大学法人規程集

トップページに戻る
最上位 > 第1 法人 > 第9章 細則
高知県公立大学法人情報セキュリティポリシー
(目的)
第1条 セキュリティポリシー (以下「ポリシー」という。) は、高知県公立大学法人(以下、「法人」という。)が、情報に対する適切な管理を重要な法人運営課題として認識し、情報セキュリティを確保するために、情報セキュリティに関する基本方針を定めたものである。
(セキュリティポリシーの公開)
第2条 法人は、教育と研究を通じて、社会の発展に資する大学を設置し、学生及び教職員の情報並びに法人の機密情報を厳密に取り扱うとともに、情報漏えいリスクなどに対して、常に適切な防御措置を講じることにより、学生及び教職員並びに県民の信頼を得るよう努める。このため、法人は、本ポリシーを法人内外に公開する。
(適用範囲)
第3条 法人の学生及び教職員並びに情報システムを利用するその他のすべての者は、本ポリシーを遵守する。
(情報セキュリティ管理体制)
第4条 法人は、保有するすべての情報資産の保護及び適切な管理を行うため、法人本部、高知県立大学及び高知工科大学に情報セキュリティ委員会を設置し、情報セキュリティ管理状況の把握と、リスク分析に従った必要なセキュリティ対策を迅速に実施できる体制を維持する。
(情報セキュリティ対策の実施)
第5条 法人は、情報資産に係る、不正アクセス、破壊、情報漏えい、改ざんなどの事故を防止するため、適切な情報セキュリティ組織体制の整備、管理的対策、物理的対策、技術的対策、人的対策を実施する。また、事故対応対策を実施する。
(情報セキュリティに関する規程等)
第6条 本ポリシーを運用するに当たっては、「高知県公立大学法人情報システム運用基本方針」及び「高知県公立大学法人情報システム運用基本規程」を用いる。
附 則
 本ポリシーは、平成27年4月1日から施行する。
附 則  
 本ポリシーは、令和2年4月1日から施行する。